眼鏡の断片

サイト http://ahriman-gd.wix.com/y-megane のコンテンツの一部   ツイッター https://twitter.com/kurobuchi_retro
サイト http://ahriman-gd.wix.com/y-megane のコンテンツの一部  
 
ツイッター https://twitter.com/kurobuchi_retro
黒子 虚爾/ホクロ ウロジ

黒子 虚爾/ホクロ ウロジ

42歳 ♂ 179p 12月25日 A型

ガス自殺/母乳性愛
どこにでもいる極々一般的な会社員…に見える人生規模でのいじめられっ子。
陰キャヘタレで頭が悪く、間抜けでドジ。ヘラヘラ笑いヘコヘコ謝る。
「いい子」「善良な一般市民」であることに執着するその裏側で彼の中の"いじめっこ"が渦巻く。
本当はあいつを嬲ってやりたい、殺してやりたい、そんな ありふれた闇。
好みは「自分を受け入れてくれる人」、顔に似合わず性欲旺盛。

体中の経絡からあらゆるガスを発生させることが出来、未知の有毒ガスも使用することが可能。
好きになった人を殺してしまうという悪癖を抱えており、曰く「自殺に偽装」してきたとか。

命を命とも思っておらず、捕まりたくないとか怒られたくないとか悪者になりたくないからというだけで無難な一般人を装っている、倫理観の破綻と情性欠如がみられる。
素朴であどけない見た目をしておいて、サイコなところがある。
蘆屋靖奉/アシヤ ヤスナ

蘆屋靖奉/アシヤ ヤスナ

年齢不詳成人済み(50年以上生きているとの噂)♂ 180cm 1月生まれの山羊座

現代日本の都心の一角に事務所を構える自営業(曰く)陰陽師。
基本的に他者とのやりとりはいかなるときも「ビジネス」であり、滅多に素を見せないしこころ開くこともない、詐術を操る演者。
ゆえに「見えるものだけがすべてではない」「そういう説もある」という性質を帯びた生きる都市伝説と化している。
自己紹介する時に名乗る自分の名前すらホンモノとは限らない。

冴えない平社員・東春日井直仁の前に現れた怪しげな男は「野干ケトル」などと名乗り星の導きによってあなたを助けにきましたなどと宣った。
「あからさまにネタ偽名じゃねーか!!」

所謂鬼畜サドの類で教育方針はスパルタであるが、その洞察力と観察眼を以て飴と鞭の使いどころを弁えており 相手を認め褒める時は情熱を持って真摯に対応する。 ボケとツッコミのボケ担当。
アルシージャ・タリアハド

アルシージャ・タリアハド

23くらい 無性別 178cm

帽子を目深く被るその者は「罪」や「罰」、「断罪」「秩序」といったものに固執した。
「理」というものに重きを置き、「律」を乱す者を「排除すること」に、
一切ためらわず 容赦しない態度をとるその姿は 冷たくも映るだろう。
慈悲など無い、ルールはルールだ。罪人よ、裁かれるのだ
 
非常に軽い質量を持つ有翼人で砕けた丁寧語を話すスパルタマン。偉そうな物言い。
物理は剣による斬撃、ガントレットを纏った腕での殴打。
魔法は「液体金属と"大地の血液"」を操る。自分の体から生じる液体金属から物体を形成する。
外傷が生じると青く発光する血液を流す(参考:LED青)。


規律、法律、理性のための序列。「役割と目的」の前ではどんな生命も容易く塵と化す。 
規律、法律、理性のための序列。何故ならそれが「存在意義」だから。
価値・無価値、重い・軽いより以前に「ルール」。
すべてを無に還そう。この世界における「あなたの存在とその運命」を教えてさしあげよう。

「剣」と「鞭」を基本武器とする「万軍」の一部。
この世界を満たしていると言われる星々の一角であるゆえに彼は"個体では無い"。
流れる遺伝子は月族のはずだが、彼だけが太陽を背負ったエメラルドグリーン。
能力値が攻撃と素早さにガン振りされている銀色の音速戦闘機。


精神の泉に力強く渦巻くその爆発的な回転エネルギーは天空の外科医とも呼ばれる「5」の精霊ともされる。
本質的には「正」であり、我々人間の中に巣食う「本能」そのものでもある。

分離と拒絶を存在意義としており、対象の精神内部を読んでは相手の望んだものを体現する能力を持つ。
天におわす絶対的存在の意志こそ正義であり、我はそれを地上へ運ぶ者なり。



彼のシンボルは六芒星だが、五芒星をシンボルとする黒い兄が居る。
彼もまた兄と同じく「純粋」な存在であり、無垢でもあり、非常に"透明"である。



 
ザーロモン・イスティントクランクハイト

ザーロモン・イスティントクランクハイト

人間換算23(19世紀分)♂ 178cm 4月8日 O型

その神父はいかなる時も笑顔を崩さなかった。その神父は、月が好きだった。
神父というには若く見え、何を考えているのか掴みづらい男のようであった。
彼は命ある存在の生きようとする働きや欲と言った成分、様々な情動に強い反応を示す。
 
首から下の身体は存在せず、ブラックホールのように闇が広がっており、水銀の涙を流す。
物理攻撃よりも精神汚染攻撃の方を得意とし、殴られ斬られした場合は痛みを感じずダメージによる苦しみだけが残る。
切断された際には真っ黒な断面のみが現れる。
感情の起伏もほとんど見られない。怒りや怨みも存在しないので純粋な存在と言える。


神父は、常に腹を空かせていた。夜を産む男は常に空腹だった
各地へ巡教のために足を運び  その先でも情報を集め続けた
男は"ひとではなかった" 男は"情報を喰った"
世界中から集めた「其」を自らの「力」として蓄え、膨張し続ける

その正体は「鬼」や「妖怪」「精霊」といった類と似たものであり
念や精神、気、感情、魂などで姿かたちを保っている。
他者が持つ精神的なものを主食としており、食事と同時に外部から情報を得る。


地を覆い尽くす黒い触手は天空の図書館に収められている本に宿る「8」の精霊ともされ
「価値」を「無」に変える運命の這い寄る混沌とされることもある。
本質的には「負」であり、我々人間の中に巣食う「本能」そのものでもある。
星々を包んだ大いなる宇宙、流動する暗黒空間、すべての生命の基盤となる「炭素」。

彼は「慈悲」と「耽溺」「怠惰」そして、悪魔の側面を持つ神官。
同化と許し(受容)を存在意義としており、対象の精神内部を読んでは相手の望んだものを体現する能力を持つ。
暖かい場所へと引きずり込み、"思考をやめさせ"、ゆっくりと腐らせる。



 
Dr.アルフォンス(Dr.Alfons)

Dr.アルフォンス(Dr.Alfons)

生前は医者をしていた人間のゾンビ、♂。

生前はそうではなかったはずで、誰からも親しまれる優しい先生だったのだが
死んでゾンビになったことでひん曲がってしまったらしい。
性格が悪く、まるでヤブ医者のようだが腕は確か。
ゾンビ相手なら問答無用で帰れと言いはなったりもするが彼は腐っても医者であり、結果的には治療する。

骨の中身はスカスカ、体中のツギハギは自分で行った手術の痕だとか。
右目の眼窩に眼球は無く、代わりに彼の妻であり愛蜘蛛のベスが住んでいる。
ジェイミー(Jaime)

ジェイミー(Jaime)

生前は大学生をしていた人間のゾンビ、♂。

生前は活発的で明るく、能動的な男性だったようだが、死後は頭ユルユルでのんびり屋になり、
どこか間抜けた性格になってしまった。
白いイバラのマドンナ、オロールドゥジャックマリー(Aurore de Jacques-Marie)に一目ぼれし、
何とかこの気持ちを彼女に伝えようと彼なりに毎日頑張っている。
周りに笑われようが、叶わぬ恋だと言われようが、彼は諦めるつもりがないらしい。
藤本 晃/フジモト アキラ

藤本 晃/フジモト アキラ

成人済み ♂ 178cm 7月3日 A型
 
古参キャラの一人、「原初の主人公」と共に長年行動し、現在はSEとして落ち着いている頭脳派。
持ち家が芸能人の別荘レベルだとか車はBMWだとか、そんなことを言い出したりするがかなりのウブで、女性相手だと赤面しやく、弱い。
筋トレと実戦の時のための演習が日課で所謂細マッチョ、どこの燃えよドラゴンかと。
チャイナな姿をしているが純日本人、純日本人であり青竜を名乗る仙人のもとに居た頃の名残。
 
人狼の血を持ち、満月には狼男と化す。氷狼、厳しい雪山に川を生むのは「不死鳥」の暖かさ。
他、様々な虫、蟲を操ることもでき、モンスターのように巨大なオオカマキリを呼ぶことも可能。
基本的に肉弾戦だが暗器使いでもあり、逆に彼自身に特別な異能は無いと言える。

誕生石はロッククリスタル「静かに自分と向き合える達人」

苦労が絶えないツッコミタイプのキャラ。誰か俺の代わりにツッコミやってくれと言いたくなる感じのやつ。

医学の英一郎  化学の元弥  哲学の晃
この三人は「青の三賢者」と呼ばれる。
緑苑坂・羽萌(リョクエンザカ-ウメ)・アスペルギルス

緑苑坂・羽萌(リョクエンザカ-ウメ)・アスペルギルス

17歳(高2) ♀ 139cm A型 メルヘンなお花畑でお菓子モグモグしてる系ゆるふわ女子。

甘いものも生の食パンもかわいいものもふわふわしたものもだいすき、自室は和風で、寝床はぬいぐるみであふれている。  
攻撃に活かせそうな極太三つ編みは毎日丁寧に髪をとかした後編まれる。
ぶりっこしたような言動と素振りは彼女の素。学校も休みがちなので周囲の女子からウザがられ煙たがられることも少なくない。

カビ、キノコ、粘菌などの菌類を操ることが出来る。
飽く迄羽萌自身の身体から意図的に放出するだけで、現段階ではそれ以上のことが出来ない。
生物に影響、マイコトキシンなどで病死。菌由来の毒は、羽萌に対してすべて無効化される。

菌類による体調不良で嘔吐する生徒を頬笑みながら眺めてる系女子、嫌いな相手には、影からこっそり呪いをかけるタイプ。
胸やけするような悪い甘味と光の射さない地下室で今日もお友達ごっこ。

肋が浮いており、決して健康的な体つきとは言えない体型。胸は、あるかないか分からない程度。



『何かしらの役に立つこと』に固執しているように見えるが…。
 
突然の父親の事故死、それから間もなくして母親の病死。
その時、羽萌が流した冷たい涙には、どんな意味が含まれていたのだろう。
素崎元弥/スザキ モトヒサ

素崎元弥/スザキ モトヒサ

17歳(高2) ♂ 171cm O型 牡羊座 群衆に踊らされず、騙されない男。
 
我が強く暴力的でキレやすく素行も悪くて性格も良くはない、そして
「能力を持たないただの人間」を見下している部分があり、ある程度の選民思想がうかがえる。
が、間違っていると思ったことは間違ってるとハッキリと主張し、白と黒 善悪を見定める目を持ち冷静さを欠かない。正義感は強い。
パワー型チンピラと思いきや頭もキレるインテリ成分を含んだバランス型。身に着けている金属製のアクセサリーは全て実戦用。

彼の能力は錬金術。既存の物体に含まれる単一の元素を抽出、構造を組み換え再構築する。
手で触れた箇所だけに作用、鉛筆の芯をダイヤモンドに、鉄くずを銃弾に形成、など。
昔に能力コントロールができず愛犬を爆発させ死亡させてしまっているため、生体への使用を禁忌としている。


現実的なモノの見方をしており、これといった夢を持たず、ダラダラと日常を過ごしている。
林檎の威を借る元弥、殴るし罵詈雑言だしメンチを切る。彼の通う学校の治安は決して良くはない。

オープンで重度なアニオタ。
元素擬人化魔法少女モノのアニメがあるんだけどそれに出てくるセレンって言う女の子がガチヤバい。



素崎元弥(ゲス)  素崎元弥(童貞)  素崎元弥(元素)
素崎元弥(童貞)(よく泣く)(グロがダメ)(小物)(ダメ男)(アニオタ)(童貞)(そんなに強くない)

元弥「もういいだろ!!!!!!許してやれよ!!!!!」 
四良石 恵美/シライシ メグミ

四良石 恵美/シライシ メグミ

英一郎の実母であり霊能者、一族からは「魔女」と呼ばれ忌み嫌われていた。夫の令二とは見合い結婚である。
基本的な霊能力を持ち、彼女の長い髪には霊力が宿るとも言われていた。死因は首吊り。

天然(重要)。

四良石恵美(霊能力者)  四良石英一郎霊能力者)  四良石令二(凡人)

なお、彼女はハーピーであり子宮、そして「理解」である。


――

かあさんはかあさんだぼくのかあさんだ優しくてきれいでぼくをやさしく抱いてくれるのはかあさんだけだったかあさんかあさんその手そのぬくもりその肌その髪その目ぜんぶ好きだよかあさんが好きだあははうふふかあさんかあさんかあさんはぼくだけのものだ

冬虫夏草の根本、蝉の幼虫に付着し た菌の胞子  それはまさしく「かあさん」の存在だった


夢うつつの中 英一郎と自分の名前を呼び手を伸ばしてくる不気味な”アレ”はかあさんか?
そうしてだんだん英一郎の柔らかい部分をえぐり始める「ソレ」
思い出と記憶と悪夢の比率が裏返ってきた頃に  彼はかあさんの墓へ出かけた。

彼の性欲を満たしてくれる人がかあさんしかいないのは、必然であった
かあさんに対する愛の分だけ口から泡を吐く


四良石恵美の墓の前に散った赤は亡霊に囚われた少年の末路
精液の白と血液の赤で愛情のピンク


彼は生まれなかった蝉


彼女への想いを燃やしながら消えた蒼い星  
愛の果てに原始の海へ還った青い命